ウミウシの探し方

ダイビングしていてガイドに案内された生物を撮影する。
これは非常に効率が良い事なのだけど、ちょっと物足りない
自分がよくわからなくても取りあえず撮影した画像を見せて

「これ何?」の回答が「えー!?これ○○ですよ!教えてくださいよ」
と言われれば、キタ(・∀・)コレってなるわけですよ。

生物を効率よく探すのによく言われる事を改めて整理しておくと

・居る場所  餌場や繁殖場所を知る。
・生態を知る 種別毎に習性を知る。
・食物連鎖  ウミウシイーターを知る。
・季節と時間 季節と時間を覚える

見つかった所は、居る場所だから考察して見ましょ。
 洞窟みたいな暗い場所
 海藻類が多い場所

でもこれじゃ足りない。逆も考えよう。どこには居ない? きっとそこは居づらい場所では?
1時間程度しか潜っていられない
だから条件が悪い場所を探しても時間の無駄でしょ。

うねりに対してゴロゴロしちゃうゴロタや岩場や
海藻も付着していないような岩肌では見たことない。
波うねりや潮の直撃するような場所ではみたことない。
あんな小っちゃい体を支えるわけだし、瞬間的には動けない。
ってことは最低限、安定出来る場所じゃないとダメでしょ。

裸鰓目はコケムシとか魚卵とか動物を捕食する。
メリベ系は甲殻類を捕食するし、アメフラシや嚢舌目系は草食系なわけ。
ミノウミウシ系なんかは、葉緑体を自分の細胞内に取り込み、しばらく光合成をおこなわせるものがある。
ってことは、捕食中や捕食後は浅場に居そうだよね。

最近は、近似種が交配した結果のハイブリッドだっているよね。そう!
似てる種は近くにいるってことだから、1種見つけたら側にいるんじゃない?
しかも集まるって事は、ウミウシを捕食するウミウシだっているかもよ。
ガヤに付いてるミレニアムマツカサウミウシだって幹からチュウチュウ吸ってるから
先っぽより幹探したほうが効率いいわけ。

冬に出てくるウミウシ、夏に見かけるウミウシ、夜見るウミウシ

1本目は何見たよねぇ。とか、ログブックガイド言われた通り生物名書いたよね
見返してみたら?ポイント季節、時間、流れ、うねりとか、初心者の頃のデータだって
ヒントがいっぱいあるよ。

ナイトではよくミツイラメリウミウシ見てるなぁ とかね。
あとウミウシの名前も重要ヒラミル付いてるからヒラミルミドリガイって
そのまんまやないかーいってなもんですよ。

自分も探せるダイバー目指すなら、どこに何が居たかまで書くといいんじゃなーい?

マルミルでミドリアマモウミウシ タマミルでテントウウミウシ とか
ログ増やしていけば、ミル系の多いポイントって熱くない!?って見えてくるよ。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

玉木 潤

Author:玉木 潤
Mダックスのレモンと
利害が一致した時だけ
共に行動する奥さんと
行き当たりばったりで
生活しているちょっと変わった人

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク